確定申告に関して悩みがあるなら!

「確定申告、何から始めたらいいの?」そんな方は、税理士に相談してみて下さいね!

相談は無料ですから、気軽に相談ができます。

その他記事一覧

民泊営業の所得と税金は住宅宿泊事業法(民泊新法)が2018年6月に施行され、民泊が本格的に解禁されました。自宅の空き部屋などを活用して副収入を得ようと考える人もいますが、注意点も多くあります。その一つが税金です。民泊に関する課税の仕組みを見ていきましょう。民泊営業と所得税の関係、雑所得で損益通算はできないはじめに所得税についてです。国税庁は2018年6月13日、宿泊客から受け取った料金を確定申告す...

源泉徴収(げんせんちょうしゅう)、、名前だけは聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。会社でサラリーマンをされている方は、給与から「所得税」という項目で天引きされています。これを源泉徴収といいます。給与だけでなく、ホステスが経営者からもらう報酬も源泉徴収の対象となります。以下、国税庁の「源泉徴収のあらまし」から抜粋しておりますので、参考になさってくださいね。居住者に支払う報酬・料金等...

予定納税制度と減額申請所得税は、1月1日から12月31日を課税期間として、その年の終わりに納税義務が確定することになっています。しかし、国家収入の平準化の必要性や給与所得者の源泉徴収制度との兼ね合いから、予定納税という制度がとられています。予定納税とは、前年分の所得について確定申告書を提出した人が、今年も前年と同額の所得があるものと仮定して、その仮定に基づいて計算した税額を7月と11月に予納してお...

サラリーマンの多くは勤務先で年末調整をしていれば確定申告は不要ですが、中には確定申告が必要だったり、確定申告で節税できたりする人がいます。資産運用をしている人も同様です。損益通算を検討|特定口座は自動で相殺売却損が出た商品があるなら、損益通算ができないかどうか検討してみてください。損益通算とは、損失と利益を相殺処理することをいいます。金融商品の中には損益通算ができる組み合わせがあります。例えば、今...

副業の収入と確定申告最近では、従業員に副業を認める企業が多くなってきました。政府主導の働き改革の流れを受けて、実際に副業を始めたサラリーマンも少なくはありませんね。勤め先の年末調整の対象とならない副業の収入は、どのように確定申告をする必要があるのでしょうか?副業で多いのは、会社の休日や退勤後の時間を利用してアルバイトをするケースです。別の会社で働いて「給与」を受け取った場合、20万円を超えると確定...

源泉徴収(げんせんちょうしゅう)の仕組み源泉徴収(げんせんちょうしゅう)とは、給与・報酬・利子・配当・使用料などの支払者が、それらを支払う際に所得税等の税金を差し引いて、それを国等に納付する制度のことをいいます。源泉徴収された税金は源泉徴収税と呼ばれます。源泉徴収制度の目的は、効果的かつ効率的な徴税手続の実現にあるといえます。一方で納税者の納税実感を薄れさせ、知らない間に国に搾取されているという素...

※節税対策は税理士選びが成否を分ける!


個人の所得税でも、会社の法人税でも、「節税対策は税理士選びが成否を分ける!」と言っても過言ではないでしょう。

決算書・申告書を作成する税理士次第で税金は大きく変わってしまいます。

会社の税務申告には、ほとんどの場合、税理士事務所に依頼していることが多いと思います。
個人の所得税確定申告は、ご自身である程度できますから、税理士に報酬を払って依頼するケースは、事業の規模によるかもしれません。

個人の所得税の節税も税理士事務所によって大きく変わります。

税理士事務所が税務署寄りの考え方なのか、そうでないのか、同業種・同規模の事業者でも依頼する税理士事務所によって、所得金額は大きく変動します。

来期は銀行から借り入れの予定がある、住宅を購入するために住宅ローンを組む、などの理由から、所得を多めに確定申告をする必要があるかもしれません。

逆に融資を受ける予定がない場合は、できるだけ節税するように心掛けるべきです。

社会保険料や消費税率の引き上げにより、社保・税金の負担は増えるばかりです。

また、税務調査対策も、税理士の対応次第で結果は大きく変わります。

所得税の確定申告や税務調査の対策は、柔軟な対応をしてくれる税理士事務所に依頼するようにしましょう。