確定申告に関して悩みがあるなら!

「確定申告、何から始めたらいいの?」そんな方は、税理士に相談してみて下さいね!

相談は無料ですから、気軽に相談ができます。

所得控除と税額控除で節税記事一覧

雑損控除は生活に必要な資産が対象所得控除の雑損控除は生活に必要な資産が対象最近、地震や台風、大雨などの災害による被害の様子を聞くことが多くなりました。所得控除の中で、一番忘れられがちなのが、雑損控除です。これらの災害の他、盗難や横領によって所有する生活に通常必要な資産に損害を受けたときや、その災害に関連してやむを得ない支出をしたときには、所得から一定の金額を差し引くことができます。これを雑損控除と...

⇒ 今、加入してる保険がダメ保険でないかご心配な方はこちら♪生命保険料控除は3種類所得税の生命保険料控除は3種類「生命保険料控除」という言葉を聞いたことのある人は多いと思います。生命保険料控除とは、生命保険に加入している場合、一定の金額を所得から控除できる、というものです。特に家庭がある人は、何らかの生命保険に加入していることが多いでしょう。加入している方は、この控除を受けているはずです。この生命...

所得控除を活用して所得税を節税所得控除も必要経費と同じく使い倒す経費を積み上げて利益を減らして節税する、これはなんとなくイメージしやすいと思います。しかしながら、税金を安くする方法はそれだけではありません。所得控除(しょとくこうじょ)を増やして税金を少なくする、という方法もあります。では、その所得控除とは何でしょう?所得税が計算されるまでの簡単な算式は以下のとおりになります。「売上」−「経費」=「...

※節税対策は税理士選びが成否を分ける!


個人の所得税でも、会社の法人税でも、「節税対策は税理士選びが成否を分ける!」と言っても過言ではないでしょう。

決算書・申告書を作成する税理士次第で税金は大きく変わってしまいます。

会社の税務申告には、ほとんどの場合、税理士事務所に依頼していることが多いと思います。
個人の所得税確定申告は、ご自身である程度できますから、税理士に報酬を払って依頼するケースは、事業の規模によるかもしれません。

個人の所得税の節税も税理士事務所によって大きく変わります。

税理士事務所が税務署寄りの考え方なのか、そうでないのか、同業種・同規模の事業者でも依頼する税理士事務所によって、所得金額は大きく変動します。

来期は銀行から借り入れの予定がある、住宅を購入するために住宅ローンを組む、などの理由から、所得を多めに確定申告をする必要があるかもしれません。

逆に融資を受ける予定がない場合は、できるだけ節税するように心掛けるべきです。

社会保険料や消費税率の引き上げにより、社保・税金の負担は増えるばかりです。

また、税務調査対策も、税理士の対応次第で結果は大きく変わります。

所得税の確定申告や税務調査の対策は、柔軟な対応をしてくれる税理士事務所に依頼するようにしましょう。