確定申告に関して悩みがあるなら!

「確定申告、何から始めたらいいの?」そんな方は、税理士に相談してみて下さいね!

相談は無料ですから、気軽に相談ができます。

個人事業の税務調査記事一覧

個人事業主の税務調査の確率や可能性は?みなさんは、税務調査って聞くとどんなイメージをお持ちですか?「通帳や帳簿類を調べられて、タンスの中や床下までめくり上げて、何もかも調べられる、、」そんなイメージをお持ちですか?昔、マルサの女という映画がありましたが、ひょっとしてあんな感じで調べられるのかな?と不安をお持ちでしたら心配し過ぎです。個人事業主の税務調査を担当するのは、税務署の個人部門の調査官です。...

売上除外と架空費用の有無がポイント個人事業の税務調査では、所得税、消費税、源泉所得税、印紙税がその対象になります。税務調査の範囲と項目はかなり広いにもかかわらず、税務調査の日数は限られていますので、調査対象期間の取引のすべてを調べるのは困難です。そこで、調査の中心となるのはもちろん所得税で、他の税金については、これに付随して調査が行われます。ですが、所得税だけでも調査範囲は広いので、さらに調査対象...

個人事業主で売上が1000万未満の場合の税務調査売上が1000万円未満の事業者の税務調査はあるの?売上が1000万円未満の小規模な個人事業主の税務調査は、ほとんど行われません。所得税の税務調査は、個人課税部門の調査官が担当しますが、やはり1人の調査官が担当する件数に限界があるため、小規模な事業者は優先順位が後になります。税務署の仕事は、できるだけたくさんの税金を獲ってくることなので、税金を誤魔化し...

売上を隠したり、抜いたりしてゴマかすと税務調査で売上除外(うりあげじょがい)は税務調査でヤラれます個人事業の確定申告あるいは会社にかかわらず、事業活動の根幹をなすのが売上です。したがって、売上にかかわる節税対策は非常に大切です。しかし、間違っても売上を隠したり、売上を抜いたりして税金を減らそうなどと考えてはいけません。売上の除外は脱税であり、それが発覚した場合には社会的制裁が待ち構えています。さら...

Q.建設業で元請に税務調査が入ったら下請業者にも調査はあるの?以前は、個人事業者として建設業を営んでおりました。年収1,000万円〜1,500万円以上稼ぐ時もあったのですが全く申告をしていなかった為、元請に税務調査が入った時に私の個人事業の確定申告が無申告であることが発覚してしまい、7年前まで遡って請求されました。本税1,000万ほどと、追徴税300万ほどの納税額になりました。今現在は、個人事業を...

※節税対策は税理士選びが成否を分ける!


個人の所得税でも、会社の法人税でも、「節税対策は税理士選びが成否を分ける!」と言っても過言ではないでしょう。

決算書・申告書を作成する税理士次第で税金は大きく変わってしまいます。

会社の税務申告には、ほとんどの場合、税理士事務所に依頼していることが多いと思います。
個人の所得税確定申告は、ご自身である程度できますから、税理士に報酬を払って依頼するケースは、事業の規模によるかもしれません。

個人の所得税の節税も税理士事務所によって大きく変わります。

税理士事務所が税務署寄りの考え方なのか、そうでないのか、同業種・同規模の事業者でも依頼する税理士事務所によって、所得金額は大きく変動します。

来期は銀行から借り入れの予定がある、住宅を購入するために住宅ローンを組む、などの理由から、所得を多めに確定申告をする必要があるかもしれません。

逆に融資を受ける予定がない場合は、できるだけ節税するように心掛けるべきです。

社会保険料や消費税率の引き上げにより、社保・税金の負担は増えるばかりです。

また、税務調査対策も、税理士の対応次第で結果は大きく変わります。

所得税の確定申告や税務調査の対策は、柔軟な対応をしてくれる税理士事務所に依頼するようにしましょう。